リレンザの吸入回数とグッズについて

リレンザは吸入式の抗インフルエンザ薬です。同様の薬にタミフルがありますが、錠剤のタミフルとは違い、数だけなので比較的摂取しやすいと言われています。リレンザはグッズが多いのも特徴です。吸引式の薬のため、ブリスターとか円盤と呼ばれるパッケージに薬が入っています。通常は5mgが基本摂取量であり、グッズには吸入数二回分が1パッケージになっていることが多いです。リレンザは予防にも使われることが多く、グッズ1つで予防なら1日1回で2日分、治療なら1日2回で1日分がパッケージされています。予防については吸入数が少なくて済むので予防薬として個人輸入などで備蓄している家庭も多いようです。リレンザは発症後、できれば潜伏期から48時間以内に飲むと効果的と言われています。リレンザを48時間にないに摂取した場合、総治療期間が数日早まったというデータもあるほどです。リレンザは体内のインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、体内にできる抗体の活動を助けます。ただし、現在のリレンザで効き目があるのはインフルエンザウイルスのA型、B型のみです。C型も人間に感染しますが、リレンザが阻害するタンパク質がないためにC型には効果が出ないと言われています。また、A型、B型に対応できることから鳥インフルエンザウイルスにも対抗できると言われていますが、確証はないようです。抗インフルエンザ薬は両方共副作用が心配されます。副作用としては個人差があり、また、年齢によっても出方が変わります。未成年に摂取させるときには特に注意が必要です。副作用で怖いのは異常行動です。発症例は少ないのですが異常行動によって死者が出ていることもあり注意が必要です