リレンザを使ってもうつる期間はあるので過信しない

インフルエンザに感染してしまうと、早急に病院で診てもらってリレンザなどを処方してもらう事になります。症状としては誰もが高熱が出て手足の節々が痛むというようなイメージを持っていることも多いのですが、近年はあまり熱が出ないという人も多いです。これは予防接種を受けていたりする人や、元々低体温気味であまり体温が上がらない人に見かけたりします。また、B型の場合は熱が出るのではなくて下痢を起こしたりするなど胃腸に症状が出たりすることが多いので、結果的に熱は出なかったということがあるのです。

それでも診てもらってインフルエンザだと言われた場合にはウイルスを撃退するためにリレンザなどを処方してもらいます。そして、指示通りに服用していく事になるのですが、早めに使えば効果も出ますので、すっかり熱も下がって元気になったと喜ぶ人も多いです。ただしそれでもまだ体内にウイルスがいますので、うつる期間とされます。不用意な外出をすると外でインフルエンザウイルスを広げてしまう可能性がありますから、リレンザを服用している期間はうつる期間だと考えて、病院に出かけたり食事を買いに行ったりするというような必要な外出以外はせずに大人しく部屋でじっとしていましょう。

インフルエンザがうつる期間としては、発症する一日前から発症後一週間ぐらいというのが大まかな期間となります。会社や学校などでもインフルエンザに感染してしまったら一週間から十日ほどは出勤、登校停止になる事が多いです。大体その期間は他の人に感染させる可能性がありますので、熱が下がっても待機となるのです。他の人に感染させない、そして感染しないということを心がけて、日頃の予防や対策に励みましょう。