経口服用が困難な患者にラピアクタ

冬から春にかけては、インフルエンザが流行りやすい時期です。
この時期は、学生にとっては、受験や卒業式など人生で大事なイベントがある時期です。
いまでは、ワクチンの摂取がありますが、ワクチンをうってもかかる可能性があります。

感染を予防するための基本行動として、手洗い・うがいをする、人ごみへの外出は避け・外出時はマスクをする、適度な湿度を保つ、十分な休養と栄養を摂取し、身体の防御力をつけておくことです。

いま、使用されている主な抗インフルエンザ薬は、「タミフル」、「リレンザ」、「イナビル」があります。
「タミフル」と「リレンザ」は1日2回内服、もしくは吸入を5日間続ける治療です。
「リレンザ」は、直接気道に作用する吸入タイプのもので、1回という単剤投与で効果がある薬です。
タミフルの内服は、因果関係はまだ不明であるが、未成年への投与で異常行動や転落などの事故が報告されているため、最近ではイナビルの吸入が1回ですむことから、治療のスタンダードとなりつつあります。

しかし吸入と内服薬など、経口投与が困難な対象者もいます。
経口服用が困難な方に対しての治療として、ラピアクタがあります。
ラピアクタは、インフルエンザウイルスの細胞への感染や拡大をすることを抑え、解熱効果が高い薬です。
何よりラピアクタは点滴で、1回の治療となるため、入院している対象者には1回で治療ができる利点があります。

インフルエンザに効く注射薬

季節によって発症する病気がありますが、冬の時期になると発症する人が多くなるのがインフルエンザです。
インフルエンザとはインフルエンザウイルスに感染して発症する病気です。
症状はいろいろありますが38度を超す熱や鼻水、咳や下痢が出ます。
人によってはウイルスが胃や腸にまで感染して、胃や腸が痛くなる事もあります。
予防として手洗いを週刊ずけたり、人ごみに行く時にはマスクをつけたり、部屋を加湿する等の方法があります。
その他には事前に予防注射をしておくと、インフルエンザを発症する確率が減ります。
打つ時期は10月から12月のどこかで打つと良く、注射薬の効果は3ヶ月から4ヶ月です。
打つ時は発熱が出ておらず、他の病気を発症していない事が打つ条件です。
条件があるのは、発熱が出ていたり他の病気を発症している中で打つと、注射薬の副作用によって発熱や発症していた病気が酷くなる時があるからです。
予防注射は内科で打つ事ができますが、予約が必要で年齢によって料金が違います。
予防注射を打ったその日は、インフルエンザを発症しているわけではないので、入浴する事ができます。
インフルエンザに効く注射薬はラビアクタで内服薬はタフミルですが、吸入薬はリレンザやイナビル等がありますが、年齢によって使えるタイプがあります。
もし発症すると人から人に感染するので、自宅で完治するまで横になる等の療養が必要です。