リレンザの静脈注射についての問題点

リレンザは、インフルエンザの治療のために使用されている粉状の薬です。
直接吸引することでインフルエンザウィルスの繁殖を抑制する効果があります。
専用の器具で吸引することで気道に繁殖したインフルエンザウィルスに直接作用し、毎日続けることで体内から完全に排除することができます。
途中で症状が改善しても全てのインフルエンザウィルスが消えている訳ではないため、医師から処方された分量を全て消化することが大事です。

本来は吸入薬として使用されるリレンザですが、最近ではインフルエンザの重症患者にリレンザの静脈注射を行う事例が発表されました。
一般的に実用化されている訳ではありませんが、その事例においては一旦危篤状態に陥った患者が見事に回復を遂げるという成果を出しています。
吸入では効果の出なかった患者が静脈注射によって回復したという事例は、全世界の医療関係者の注目を集めました。

ただし、リレンザの静脈注射はまだ臨床実験が十分でないことから、一般的な治療に使用するにはまだ早いとされています。
副作用の発症などの問題点が予測されているからです。
研究者によって、より安全に使用できるようなシステムが整えられることが期待されています。