リレンザの税区分のあり方と放射線治療時の留意事項

医療を受ける際にはその税区分が気になる人も少なくないでしょう。病院や診療所に行って同じように治療を受けているつもりでも、その治療費用に消費税がかかったりかからなかったりします。病院で薬を処方してもらうと消費税がかからないで済むことが多いものの、薬局で市販の薬を購入すると消費税がかかってしまうという違いもありますが、これは税区分の違いによるものです。消費税法では医療の給付等については非課税とう取り扱いをするように定めているため、消費税がかからない税区分の治療があるという考え方が正しいものです。その基本的な考え方は健康保険の適用があるかないかということであり、健康保険が適用されるものについて非課税となっています。そのため、インフルエンザ治療にリレンザを処方してもらうと非課税でリレンザを手に入れることができます。しかし、予防のためにリレンザを手に入れようとすると保険適用がないため消費税を支払うことになります。インフルエンザの予防接種についても保険が適用されないため消費税を払うことになるでしょう。がんの放射線治療の場合には多くは保険適用がなされるため消費税は必要ありません。しかし、がんの放射線治療を行っている人は、他の医療を受ける際に制限を受けやすくなりがちであることには留意が必要でしょう。インフルエンザの予防接種を受けたいと思っても、放射線治療を行っている人は免疫力が低下しがちであることから受けられないということもよくあるからです。インフルエンザに限らず、予防接種を受けたいというときには放射線治療の完了を待つ必要があるのが一般的であることは、治療を受ける際には注意しなければならない点でしょう。